口腔内スキャナーを導入しました

サンプル画像
 当院では、加速化するデジタル化に加えて非接触型歯科医療を実現すべく、口腔内スキャナーを導入しました。口腔スキャナーは、光学計測技術により物体の形状を3Dのデータに変える装置です。従来、歯科治療においてつめものやかぶせものの製作過程で、印象採得(型どり)を行っておりましたが、この工程が不要となります。ワンドと呼ばれる部分を把持し、その先端部のみを口腔内に挿入しスキャンすると、3Dデジタル印象が採得できます。そのデータを基にコンピューターでデザイン、加工しつめものやかぶせものが完成します。なお、口腔内に挿入する先端部にはスリーブという使い捨てのカバーが装着されます。衛生的で感染予防に効果的ですからご安心ください。

導入によるメリット

  1. 3Dデジタル印象により従来の方法に比べて飛躍的に精度が向上します。
  2. 治療時間が大幅に短縮されるため、患者さんの負担が軽減します。
  3. 嘔吐反射が強い方の場合、従来の方法に比べて苦痛が軽減されます。
  4. 膨大な不正咬合患者のデータを基にしたシミュレーターにより、術前・術後の状態を可視化した分かりやすい情報として提供することができます。
  5. 従来のX線検査に頼らない「近赤外線画像(NIRI)診断」を用いることで、肉眼では目視不可能な隣接面(歯と歯の間)う蝕が検知可能になります。早期発見が可能になることから、予防歯科の観点からも大きなメリットがあります。
※現在のところ口腔内スキャナーを用いた治療は、自費診療のみにおいて提供することができます。