見えない矯正治療

当院のマウスピース矯正装置

インビザラインシステム
 通常の矯正治療はワイヤーを固定し歯を移動するため、見た目を気にしたり、矯正装置装着後の負担を考えると、治療に踏み切れない方が多くいらっしゃいます。 当院では、このような負担を解消するため、インビザラインシステムを導入し、 透明で気にならず、取り外しのできる機能的で効果的な矯正治療を行っております。

インビザラインの特徴

インビザラインシステム
 インビザラインであれば、透明なので、矯正治療中であっても笑顔を見せることができます。相手に伝えない限り、誰も治療を受けていることに気づかないでしょう。透明で取り外しが可能なマウスピース「インビザライン・アライナー」を順次装着することで、きれいな歯並びへと変化を遂げていきます。インビザライン・アライナーは約2週間ごとに新しいものに交換します。少しずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近づけて行きます。
自分で取り外し可能、しかも快適

 インビザライン・アライナーの装着は違和感が少ないので、日頃の多忙なライフスタイルにも支障がありません。 矯正歯科医院での受診のたびに、治療の進行状況を確認し、新しいインビザライン・アライナーを受け取ります 。自分で簡単にに取り外し可能なので、食生活もこれまで通りです。 歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織をこれまで通り健康に保つ事ができます。
インビザラインシステム

インビザラインシステム

 インビザラインは、ブラケット(金具)やワイヤーを用いない、透明なマウスピースを使用する矯正法です。目立たないため見た目を気にしなくてよく、取り外し式のため治療中も清掃がしやすいなどの利点があります。また、「アライナー」と呼ばれるマウスピースは透明な樹脂で出来ているため、金属アレルギーがある方でも安心して使用出来ます。

 一方、歯列不正の状態によってはマウスピース矯正では時間がかかりすぎる、歯が動きにくく治療が困難ということがあります。その場合は、インビザラインと他の装置を併用する、ブラケットとワイヤーによる治療(マルチブラケット)などの選択肢を採用します。いずれにしても、状態を拝見してのご相談となります。
では、実際にどのような治療の流れになるか、簡単にご説明します。

治療開始から完了まで

  1. 診査、診断用模型、口腔内写真、顔貌写真、X線検査などから診断を行い、大まかな治療方針を立案します。
  2. アライナー作製のための印象(歯型)を採り、治療方針に基づく治療方法を指示すると、7~10日ほどで、コンピューターでシミュレートされた治療計画書が届きます。
  3. 治療計画書の内容に問題がなければ、アライナー作製の指示を出します。これにより、患者さん一人ひとりに合わせた、カスタマイズされたアライナーが作製されます。
  4. 発注から10~14日ほどで治療開始から完了までのすべてのアライナーが届きます。
  5. 効率よく歯の移動を行うため、「アタッチメント」を指示された歯の表面に設置します。歯の表面は薬物処理して接着しますが、切削することはありません。
  6. アタッチメントの設置が完了したら、1ステージのアライナーを装着して治療開始です。1日20時間以上使用していただき、2週間ごとに次のステージのアライナーに順次交換しながら装着してゆきます(お食事中はアライナーを外し、専用のケースに保管)。
  7. 定期的にご来院いただき、状態の確認と資料の採取を行います。診療後のお帰りの際には、次回の来院予定に合わせて何ステージ分かのアライナーをお渡しします。
  8. 最終ステージ終了の段階で追加の治療が必要と判断された場合は、すべてのアタッチメントを除去のうえ、印象採得と写真撮影を行い追加のアラーナーを発注して治療を継続します。患者さんご自身の過失によるもの以外は追加の費用は発生しません。
*ご不明な点は担当者にお問い合わせ下さい。

マウスピース矯正治療において推奨されない症例

 このようにインビザライン治療は多くのメリットを有しますが、すべての治療に対応できるわけではありません。
インビザラインに限らず、マウスピース矯正では不得意な歯の移動様式があり、治療法の第一選択とはならない場合があります。
 たとえば
  • 抜歯症例で大きな歯の移動が必要(大きな移動量での歯体移動は困難)
  • 大きな回転、圧下・挺出が必要(著しい捻転、著しい開咬や過蓋咬合などの垂直的な異常)
  • 乳歯列期、混合歯列期で顎骨の成長発育や歯の萌出の正確な予測が困難
  • 顎が曲がっているなどの骨格性の不正(外科矯正治療の適応)
などが挙げられます。
 このような場合には、ブラケットとワイヤーを用いたマルチブラケット装置で治療したり、あるいはマウスピース矯正との併用で対応したりすることになります。