審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは
 むし歯や歯周病を治療するだけでなく、歯の並びを整えたり、かみ合わせを正しくするなど、歯には機能的な側面と、審美的な側面がありますが、その両面に焦点を当てて、治療することで、精神的な口元へのコンプレックスをなくし、正しく咀嚼できることによる、全身の健康維持を目的としたものです。審美歯科治療には、色々な治療・素材がありますが、患者さんの要望、歯の状態や治療箇所などにより、治療の方法はさまざまです。ですので、審美歯科治療では、「ご自分の要望」・「現在の歯の状態」・「治療箇所」・「※2次カリエス」などを考慮し治療をおこないます。

 ※一度むし歯治療をしたところに再び発生するむし歯のことです。合っていない詰めものやはずれかけた詰めものに発生します。

セラミックの詰め物と被せもの

セラミッククラウン(被せもの)
セラミッククラウン(被せもの)

 セラミッククラウンは、むし歯や衝撃で歯が欠けてしまった場合などに、歯に被せて治療する方法です。セラミックでできているので、色調や透明感に優れ、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。一般的にセラミックといわれるものの中には、フレーム(土台)に金属を使用するものや、セラミックと樹脂を混ぜ合せ、硬度を調節したものなどもあります。
セラミックインレー(詰めもの)

 セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。むし歯治療後などの金属の詰め物が気になる方やむし歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費は、やや高くなりますが、他の詰めものの金属やコンポジットレジンに比べ、接着力や耐久性に優れていますので、2次カリエス(むし歯を治療した箇所が再びむし歯になってしまうこと。)の可能性が少ない、審美性と機能性を兼ね備えた治療法です。

主な審美素材

 歯や口元は自分でも気になる部分ですし、他人からも見られる部分ですから、歯科治療は本来すべてが審美性に優れていなければなりません。しかしながら、治療を行う上でどうしても健康保険の制約があり、患者さんと術者の双方にとって必ずしも満足のいく結果が得られるとは限りません。そこで審美性に特化した「審美歯科」という分野が発展してきたのです。ただし、審美性はセラミックという材質を用いないと良好な結果は得られにくく、治療のほとんどが保険適用外の自費治療になります。

ハイブリッドセラミックス(ハイブリッドレジン)

 レジン(樹脂の素材)に強化を目的としたセラミックを混ぜたもので、他のセラミックに比べて安価ですが、強度や経年的な色調の変化の点で劣ります。
ハイブリッドセラミックス
ハイブリットセラミックス(レイヤリング)

 異なった色調の材料を重ねて審美性を高めます。
CAD/CAM冠
CAD/CAM冠

 歯科用CAD/CAM(コンピュータ支援設計・製造ユニット)装置を用いて制作されたもので、小臼歯単独の冠が保険適用になりました。ただし、ブロックを削り出す作業だけなので、自費の冠に比べて自然な感じは望めません。

※CAD/CAM(Computer aided design/Computer aided manufacturing)
コンピュータ支援設計・製造ユニット
手作業で行われてきた制作工程(設計や加工)の一部をコンピュータ制御の機器に置き換える一連のシステムで、作業の効率化を図り品質のバラつきを抑えます。
ダイレクトクラウン

 あらかじめ形態が付与された、軟らかい状態の既製のかぶせ物です。これを直接口腔内で合わせて調整し、その後光照射で硬くします。色調や適合性は通常の自費の物に比べて安価に、そして即日装着可能なものです(ワンデートリートメント)。

オールセラミックス

 文字通り金属は一切使用せず、すべてセラミックの素材で仕上げたものです。金属アレルギーの心配がなく、金属やプラスチックよりもプラーク(歯垢)が付着しにくく、審美性だけではなく、良好な歯肉の状態を維持することが出来ます。
IPS e.max(ステイン)
IPS e.max(ステイン)

 すぐれた審美性と強度がありますが、特に高い強度が要求される臼歯部のブリッジに は適さない場合があります。

審美性
耐久性
経済性

ジルコニア(レイヤリング)
ジルコニア(レイヤリング)

 極めて強度の高いジルコニアの上に重ねてセラミックを焼き付け、強度と審美性の両方を持ち合わせたものです。やや高価になります。

審美性
耐久性
経済性

フルジルコニア
フルジルコニア

 極めて高い強度を有しますが、ジルコニア単体なので色の細かい調整が出来ず審美的に少し劣ります。レイヤリングするものに比べ安価になります。

 ※ジルコニアの色を口腔内の色に合わせるためステイニング(着色)を行うこともあります。

審美性
耐久性
経済性

陶材焼き付け鋳造冠(メタルボンド)

メタルボンド
メタルボンド

 金属にセラミックを焼き付け、審美性と強度を兼ね備えたものです。ただし金属の厚 みの分だけセラミックの厚みが少なくなるため透明感に欠けます。

審美性
耐久性
経済性

メタルボンド
ハイブリットレジン

 素材の特徴は硬く粘りがあるので欠けにくく、レジン前装冠より色がきれいです。
審美性
耐久性
経済性

メタルボンド
硬質レジン前装冠

 硬質レジン前装冠は、裏側は金属で作りますが、外から見える前側は周りの歯と同じような色合いになるように硬質なレジン剤で作ります。ほとんどの症例は保険で治療可能です。

審美性
耐久性
経済性 (保険可)


 上記はいろいろな審美材料を用いたかぶせ物ですが、他にコアやインレーにも審美材料は用いられます。
コアセットイメージ
コア(支台築造)

 歯質の欠損が著しい場合に金属やレジン(樹脂)を用いて、かぶせられるように歯の形を作ることです。金属を用いたものはメタルコア、レジンを用いたものはレジンコアと呼ばれます。
 オールセラミックの場合は内部のコアを透過しますので、メタルコアよりもレジンコアが審美的に優れ、さらに補強のためにファイバーポストを併用したファイバーコアが汎用されます。
メタルコア
メタルコア
ファイバーコア
ファイバーコア

インレー

 かぶせ物ではなく詰め物のことで、金属ではなくセラミックやハイブリッドセラミックを用いたものが審美性に優れています。
サンプル画像1
メタルコア
セラミックインレー
セラミックインレー

ホワイトニングについて

 ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。またこれら2つを併用して行うデュアルホワイトニングがあり、もっとも効果的な方法です。

当院では比較的効果が長持ちする
ホームホワイトニングを行っております

当院のホワイトニングシステム

TiON Take Home
 当院では、「TiON Take Home」を使用しております。TiON Take Homeは自然で透明感のある白さが得られるホワイトニング材です。ホームホワイトニングは医師の指導のもと患者さん自身がご自宅などで行うため、高い安全性が求められます。比較的低濃度の過酸化尿素(10%)が含まれた材料を使用し、効果が現れるまで長期間継続する必要があります。

審美歯科症例

 ※症例は患者さんの同意を得て掲載しております。

CASE1 【ジルコニアセラミック】

術前
術前
術後
術後

CASE2 【e-max】

術前
術前
術後
術後

CASE3 【e-max】

術前
術前
術後
術後